タイヤチェーン

タイヤチェーン

タイヤチェーン

このページは「静音台車の必要性 」の情報コンテンツです。
タイヤチェーン > 静音台車の必要性

豆知識

静音台車の必要性

静音台車というものはご存知でしょうか?名前からしてどのような台車であるのかは予想がつきそうですが、通常の台車と比べてどれほどすぐれていて、どんな場面で使われるのでしょうか?

静音と耐荷重

名前の通り、台車を使う際の音が静かなもの。台車ってガラガラと音がして結構振動もあります。衝撃吸収のためにタイヤ部分にバネや空圧と言ったものが使われていますが、基本的には振動や衝撃吸収が優れているものほど、寿命は短い傾向にあります。また、タイヤそのものが樹脂製となるとタイヤそのもの衝撃を吸収して音が静かになりますが、耐荷重の容量が小さくなる傾向にある為、工場などではどうしても音が大きくても耐荷重の容量が大きな台車が使われることが多いようです。

静音台車が適した場所

では、静音台車として音や振動を最小限に抑えた台車はどういった場面で使われているのでしょうか?例えば、夜間に配達や引越しサービスなどを受ける場合、台車の音を響き渡らせるわけにはいきませんので、静音台車が使われます。また、場所柄、音や振動を抑えるべき場面としては高級ホテルや図書館、病院があります。ホテルはもともと、人が歩く足音もできるだけ抑えるように廊下にはフカフカの絨毯が敷かれていることもあるように音に敏感な場所。清掃用の台車などは出来るだけ静かなものが好まれます。また、病院や図書館も音はあまりすべき場所ではありませんので、静かな台車が人気なのです。

一言に台車といっても、例えばホテルなら清掃用具を運ぶための台車であったり、病院であれば食事を運ぶ台車や医療器具を病室まで移動させるための台車であったり。どうしても台車の振動を0にすることは難しいため、乗っている器具同士があたる音などは防ぐことができませんが、私たちがよく見るものを運ぶ台車と比べればタイヤの材質などが違っているはずです。

タイヤチェーン 激安通販
ExecutionTime: 105 msec / Memory: 7.6 MB